近頃おおむねどの自動車損害保険の会社も値上げに転じつつあります。保険が値段のつり上げをするなどということが起きれば、じかに一般市民の生計に大きく衝撃を与えるのです。一体どうして自動車保険が料金つり上げされているのでしょうか?その現象の主要な原因として明言できる事は、大まかに二項目考えられます。第一にお歳を召した自動車運転者が年を追うごとに数を伸ばしていることが考えられます。マイカーを保持しているのが当たり前の世界になったので、老年期の運転者も増加しているのです。その上、全国的な傾向として高齢化社会ということもあって日増しにどんどんお歳を召したドライバーが多数派になっていく時勢です。お年寄りのにおいては、一般的に言って保険料金が低廉に販売されている故、保険会社にとっては、うま味がありません。当たり前ですが保険料が割安なのに自動車事故を起こされてしまったとき割高な保険金を支払わなければいけないからです。とすると、損を取る可能性がきわめて高くなるので保険会社は保険の料金を高値に設定する他ありません。さて、2番目の原因に挙げられるのは、若い年代の車への興味のなさにこそ求められます。老年期の運転手は増えているのですが、反対に若年者は車というものに乗らなくなってきているのが現状です。この原因には何があるかと言うと、電車などのインフラの充実と経済事情に関わることです。安定した職業に就くことが難しい若年者が多いということから、自家用車を手に入れるお金がない方もいます。さらに、一昔前であればマイカーを保持している事が勤め人のステータスだという社会通念がありましたが近年ではそれがステータスであるとは断言できなくなってきたと考えられます。こういった訳で保険の料金がお歳を召した方よりも高額な若い年代の被保険者が減っているのが現状だと言えるでしょう。そうした複数の事情が考慮された結果、自動車保険会社も料金つり上げに向かわざるを得ないのだと考えられます。

Copyright © 2002 www.spa-vivian.org All Rights Reserved.