実際にノートパソコンの画面の前でリアルタイムで変化しているレートをご覧になっていると何となく売買をしたくなるという欲求に駆られる場合も多いと思います。アイプチ クレンジング おすすめ

でも、あやふやな考えでトレードするのだけは、絶対にしてはいけません。すぐ借りれる金融

知っての通り、マーケットは終日どこかの国のマーケットが動いているし、市場も、変動している。一期一会

そうであっても、取引を積み重ねると、それだけで損をするリスクが高まってしまう。アヤナス

無論、売り買いの数を重ねることによって少しずつ利益を上げられる確率か50%、50%になるのは周知の通りです。任意整理の費用

でもその事は「明確でない直感で売買」とは別問題です。ボニック

売買回数を増やすというのは、自分自身が「ここは勝てる」と感じた勝算を得られたうえでの取引回数を積むという意味である。

ただ何となく、ひっきりなしに注文を経験するのとは全く違います。

外国為替市場の駆け引きに勝つためには、自分が主体的に緩急をつけることこそが大切です。

「ここがチャンス」とよく考えた外国為替相場の時には、迷うことなく持っているポジションを多くして、利益を追求する。

「難しい外国為替市場で、どう変化するのか考え付かないな」と思案した時は思い切って持っているポジションを見切りをつけて何もしません。

それぐらいのメリハリをつける方が売り買いはうまくいくものだ。

為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通り。

外国為替相場とは、いかなる時でもポジションを所有する事が肝心な事ではなく売買ポジションを所持せずじっと待っている事も状況によっては、FXです。

それならば、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

最初に考えられるのが、先述の通り、今のマーケットがはっきりと理解できない時です。

そこからどちらにいくのか見通せない時は、分からないまま行動すると、自分自身の作った筋書きとは逆に相場が変化してしまい、損失を被る事になります。

そのため、こんな場面ではポジションを無くして、静観しているのが最善の策です。

ふたつめは、あなたの体の調子が変なときです。

体の具合と外国為替相場に何の影響も与えないと感じる方もいますが思いのほか関係がある。

体の具合が悪い時は市場の判断しなければいけない局面で、正しい決断を下すことができません。

気乗りがしない時はマーケットから目をそらす事も大事なことだ。

Copyright © 2002 www.spa-vivian.org All Rights Reserved.