愛車を売る際や、さらに車両の査定時も印鑑証明書がなければなりません。ハーブガーデンシャンプー

この印鑑証明というものに関して説明していきます。contabilidade santana

印鑑証明とは、ある印鑑に対して、それが実印であるということを裏付ける目的を持つものです。

印鑑証明がない場合には、その印鑑が実印として効力を持つという事実が実証できません。

高額な取引になる車両の買取ですから、必然的に実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明というものが登場します。

印鑑証明を実際に発行するためにはまず印鑑証明をしなければなりません。

印鑑証明に登録するはんこは実印と言われ同じものが二つとないはんこでなくてはなりません。

この印鑑を手配して最寄の市役所などの担当部署に行くことで印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードが発行され、その印鑑は実印ということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには役場の受付へ行き専用の書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを持って行くだけです。

それから、自動交付機を使って印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

ですからいつ取得した印鑑証明であってもその効力はあることになります。

しかし車買取のときには印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

ほとんどの場合有効期限の定めはありませんが、中古車の買い取りのときには買取先が必須となる有効期限を定めていますのでクルマ売却の予定があるのであれば、準備しておくとスムーズに進みます。

Copyright © 2002 www.spa-vivian.org All Rights Reserved.